そろそろ冬眠明けの気配

わたしの冬眠がそろそろと明けようとしてきています。

ここ最近、朝のルーティンもさっとスムーズに終えることができ、1日をはじめるスタートが早くなってきました。

今日はサロンの仕事の前にいろいろと済ませないといけない用事が立て込んでいて、朝から大忙しだったのです。

ですが、まず、朝のはじめの第一歩である、「起床」がさっとスムーズに起きられた。

このところ、冬眠時期だと感じていて、朝はなかなか布団から出られず、出かけないといけない時間から逆算してルーティンの時間をはかりながら、ぐずぐずといつまてもベッドで過ごしていたのです。

ところが、今朝はサッ!と起きられた。

そうしたら、朝のルーティンも素早く済ませることができ、家も早く出ることができ、役所に行く用事があったのですが、朝一番だとスムーズに済ませることができた。

思わず早く用が済み、できた時間で、これも前々から行かなければ、と思っていた「穴八幡宮」に「一陽来復」のお札をもらいに行ける!!となって、急遽急いで穴八幡宮にお参りとお札をもらいに来ました。


移動の電車で何気なくSNSを開いたら、なんと今日は一粒万倍日ではないですか。


またまたはからずもこんなお日柄の良い日にお参りできることになって、嬉しいかぎり。


本当に感謝があふれてくる、澄んだ青い空のこんな良き日に!







何やら、いかにもご利益のありそうな布袋さん。


お腹を撫で撫でさせてもらいました。

昨年、いや一昨年の冬至の早朝に並んではじめてゲットした「一陽来復」のお札

冬至は陰極まって陽へと転じる

ターニングポイントですが、

そのことを表す「一陽来復」という言葉があることをそのときはじめて知りました。

▼一陽来復

すべての生命体の魂が仮死して

そして復活して再生するといわれ

陰極まれば万物みな衰えて死に、

冬至を過ぎると太陽が再び帰り来ることにより

すべてが再びよみがえるという

古から冬至にエネルギーを整える習慣があったようです。


「一陽来復」のお札は金銀融通の御守とも申され

年の恵方に向けておまつりするという古来からの吉例なのだそうです。

ただし、おまつりするタイミングがあって、

冬至、大晦日、節分、の三日のうちの夜中の十二時ちょうどだけという。

この風習は穴八幡宮だけに傳来するものだそうです。


今年は昨年の冬至には京都の鞍馬にいてゲットできず、年末も忙しくて間に合わず、節分までにはなんとか、との思いでいましたが、直前になってどうにかゲットできました。



しかもこんな良き日にお参りできて大変しあわせです。

友人のすすめで昨年はじめてお札をいただいてお祀りしたのですが、この金銭融通のお札の威力はいやほんと凄くて、本当にお金には困ることがなかったです。


このコロナで大変な世の中であったにもかかわらずです。


本当に感謝!


穴八幡へ節分までにどうぞお出かけくださいませ。


金運の最強パワースポットだと思います。



.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.



ゆるりコミュニティの楽しい一日、”ゆるりのスペシャルハッピーデー”✨


✴︎ 2月11日(祝)✴︎


このご時世なもので、ゆるりコミュニティもオンラインでの交流が主になっていますが、


緊急事態宣言も明けての2月11日に、リアルでお会いでき交流できる「オフ会」を開催しようと、「ゆるりランチパーティ」を開催することになりました。


そして、夜には毎月開催している「オンラインダーチャ集会」があります。


ぜひぜひみなさん、ふるってのご参加をお待ちしています。




ゆるりランチパーティ




場所:原宿・ナチュラルフードレストラン「MOMINOKI HOUSE」


日:2月11日


時間:PM12:00 〜 PM15:00



ご参加は2/4までにこちらへお願いします。






2月オンラインダーチャ集会



今月は北軽井沢ダーチャプロジェクトのご紹介です。





モーリーさんこと、わたなべ そう さんは映画監督さん.