里山ダーチャで環境再生講座

最終更新: 8月24日




わたしは都会っ子だ。


都市で生まれて育ち、自然との関わり方がわからない半生を過ごしてきました。


ただ、縁があって、美容師として始めてのサロンで東洋医学を学び、薬草や野草を使ってパーマやカラーやエステをするという、今のアーユルヴェーダサロンで行っているようなことを当時から行う環境で修行をし、美容というものは全体的なホリスティックな医療のようなものだという視点が身につきました。


皮膚や毛髪の化学や科学に加えて、解剖学、自然療法、自然治癒力という多方面の視点から学び、美容を心と体の健康から探求し取り組むうちに、自然治癒力の循環は人間の体だけで完結するものじゃない、循環する自然界と人間の体は繋がっていて、切り離すことができないと考えるようになって、自然環境について、自然の循環についてを観察するようになり、自然環境の改善ということに興味、関心を持つようになりました。


そんな中で、ロシアに古くから普及しているダーチャという、小屋付きの菜園で、都市生活者の多くが、休暇や週末にはそこで自給的に自分たちが食べるものを栽培し、周りの森林を育てながら過ごしている、というライフスタイルを知り、これを実現したいと思うようになりました。


そして、ダーチャについて調べるうちに、日本にもダーチャを普及させようとしている人がいるということを知り、訪ねたのが、千葉で造園業を営む高田造園の高田宏臣さん、そして高田さんが環境を改善し、森を育てた千葉市緑区にあるダーチャでした。2016年のことでした。



最初は荒れ果てた藪と、草も生えないような土地の山林だったところが、大地の水と空気のつまりをとり、通気と浸水の流れを促すことで、水が湧き出し小川が流れ、生き生きとした心地のよい美しい森へと育っています。


そこで、荒れた自然の環境は、人が手をかけることで蘇りもするのだということを知りました。


高田さんの説く大地の土中環境の話は、まるでわたしが研究してきた人間の体の解剖学、体内の循環をよくすることで高まる人の自然治癒力によって人が健康になる仕組みと全く同じだったのです。


人の自然治癒力を高めることと、自然の環境改善で、自ずと調和へ向かおうとする自然の力を育てることは同じ。


そうやって自然環境の改善に夢中になりました。


ダーチャフィールドに通い、環境再生の講座で学び、森を育てる山林のケアを学ばせてもらってきました。


ここのダーチャフィールドに立っている小屋は古材を利用しセルフビルドでみんなでワークショップで建てたものです。


土地の地形を壊すことなく、建てられた小屋の基礎は、土中の菌糸のネットワークと繋がって、それに沿って伸びる木の根と土中の小さな生き物と一体となって小屋をしっかりと支えることとなる。



森が一体となって生きて建物を支えるという有機的な構造は今のコンクリートで基礎を固める土木の視点とは全く違っています。



生きた森が支える建物は一見、これで大丈夫なの?建っていられるの?というほど簡素な作りに見えますが、コンクリートの基礎の上に建てられたものよりも遥かに長持ちします。


高田さんの説くのは、生きて循環する土中環境のこと。


ダーチャに設えられた水を流さない、バイオトイレも大地に分解還元されるという循環の仕組みです。


そこの土の通気性と水の浸透性によって、糞尿が腐敗して悪臭を放つことなくきれいに分解されていきます。


ワークショップ開催時など、1日に70人も80人もの人が同じトイレで用を足すのに、全然においがしなくて、汚物は消えて無くなります。土が食べて消化してくれる、そんな感じです。




そして、森の薪を集めて火を起こし料理をし、薪で沸かす五右衛門風呂に入る。


一見不自由で面倒に思うかもしれないけれども、それがこの美しく育った環境では簡単にできる。


ここなら、いざというとき、ライフラインやインフラが断たれたときにも暮らしていける。


こんなふうに、場所の自然を改善し育てていくというようなことがあちらこちらでされていくようになれば、地球の環境はどんどんよくなる。



それが猫の額ほどの土地でも、ベランダのたったひと鉢でも、それぞれの置かれた場所で、そこに循環する場ができれば、それが少しずつ広がっていけば、全体になれば、地球はよくなる。


自分たちで自然の環境を育てながらその循環の中で生きる、そんな場を仲間で作っていくことができたら、と思っています。




そんなダーチャを体験する合宿の機会を催します。


8月28日(金)29日(土)

千葉土気山ダーチャ体験合宿


28日 14時 JR外房線土気駅集合

・ダーチャフィールドオリエンテーションと夕飯準備

・高田さんミニ講座&懇親会


29日

・朝食後 午前 高田さんによる環境改善WS

・昼食後 WS と片付け ・15時 撤収



参加費:28、29 日ダーチャ体験合宿 12000円

    (ゆるり循環がっこう会員 8000円)

    

    28日 ダーチャ体験&高田さんミニ講座夕食懇親会 5000円

    (ゆるり循環がっこう会員 3000円)

    

    29日 高田さんによる森のWSと昼食会 7000円

    (ゆるり循環がっこう会員 5000円)


お申し込みはこちら https://ex-pa.jp/item/28721/s71650



29日高田さんのWSをオンライン配信します。


29日 9:00〜 森の環境改善WSオンライン視聴 1000円

(ゆるり循環がっこうオンライン会員は無料)


お申し込みはこちら https://ex-pa.jp/item/29059/s73513



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


循環する自然と調和して生きる。

自然の循環を暮らしに取り入れる。


人が関わることで自然の循環が蘇り生き生きとした命が輝く場所となる。

そして自然の恵みを受け取りながら自然と調和して仲良く暮らす、

そんなコミュニティづくりをしています。


自然の循環に沿った暮らしを日常に。

ゆるり循環生活コミュニティ https://relaeco.fun/



地球とともに生きる循環の世界へ。。

コミュニティの活動を発信しています。

Facebookグループ『ゆるり循環生活』



Yuri Mayoko 自然療法美容師です。

代官山のアーユルヴェーダサロンでサロン活動しています。

LINEにてお得な情報やクーポンを配信しています。お友達追加のうえスタンプでも構いませんのでメッセージをくださいませ。



ご予約お問い合わせはLINEから

もしくはオンライン予約にて承ります。

#新しい世界 #受け入れの法則 #絶対大丈夫 #はからない生き方 #おはからい #ゆるり循環生活 #relaxecolife #循環美容 #自然療法 #波動の法則 #引き寄せ #波動療法 #音叉療法 #田んぼ#自給自足#田んぼ学校#農的暮らし#土を育てる#自然循環の中で生きる #relaeco #ダーチャ#シェアダーチャ#ダーチャライフ

160回の閲覧
  • LINE_APP
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

©2019 by real-a. Proudly created with Wix.com