肌力を育てるスキンケア② ~しわ・たるみ 編~



肌力を育てていきましょう。


よろしければ、読んで実践して頂けると、一年、二年と美肌になって若返っていくこと間違いないです。


いやいや、一年二年と、歳を重ねて老いていくのではないかい、とお考えの方はこの先は読まなくても結構です。


どうぞご自分の信じる道をお行きください。


これから一年二年三年かけて若返ってみようという方はここから先を読んで何か参考になりましたらぜひ実践してみてください。





細胞は日々生まれ変わっています。


この生まれ変わりをどんどん肌が元気になっていく方向へと向けてあげると、肌はどんどん良くなります。


昨日の記事では、お肌の表皮の生まれ変わりについて書きました。


お肌の表皮はだいたい28日周期で生まれ変わっています。



この周期は新陳代謝が早ければいいということでもなく、下から肌が育ってきてどんどん押し上げてくるとともに剥がれ落ちるのが良くて、まだ十分に育ってもいないのに、ピーリングしたり、あかすりしたり、また洗顔しすぎたりして角質層を薄くしてしまわない方がいいのです。


角質層が潤ってふっくらしてくると毛穴も小さくなり、キメが整ってきます。


顔は洗いすぎないのがよく、洗うお水も、水道水そのままだと塩素が含まれているので、大切な常在菌が減ってしまい、肌免疫が低下してしまいます。


安価なものでもいいから、塩素を除去できる浄水器を通した水がいいです。


わたしのお勧めは「ガイアの水」

テラヘルツ波を発生する鉱石が生体を活性化させることで、肌免疫が上がります。


常在菌の活性化によって肌のバリアー機能がアップするのです。


そうやって、角質層を表皮を大切に育てます。


育つまで、必要に応じて、なるべくなら防腐剤の入っていない化粧水(菌を殺さないため)

で保水をし、なるべく質の良いクリームで保護サポートをしていきます。


そうして育っている表皮のその下では真皮層という弾力の層が表皮を支えています。


この層にあるコラーゲンやエラスチンといったタンパク質の成分がコイルのように絡み合ってベッドのスプリングのような役割をしてくれて、肌に弾力を与えてくれます。


ここが衰えると、シワ・たるみにつながります。


そして、ここの再生が表皮と違ってとても時間がかかるため、劣化に対して追いつかなくなると老けた印象になっていきます。


表皮は28日周期ですが、真皮層の弾力繊維は早いもので2〜3年、多くは4〜5年で再生されるのです。


だから、劣化に対して追いつかなくて老けるのね、ということなんですけれども、


いえいえ、逆に時間をかけて再生をサポートし続ければ解消できるよ、という話なんです。


シワやたるみの改善にはそれだけの時間を要するということなのです。


だからこそ、きちんと取り組めば時間をかけて改善できるということなんです。




これには、わたしも自分で実験しながらですが取り組んでいます。


2〜3年後、さらにシワやたるみが進んでいるか、少しでも改善しているか、その差は大きい。


日々のコツコツとした積み重ねで変えていけるのですから、間違ったことをしないように気をつけて、大切に育てていきたいものです。




さて、どのようにして育てていくのか、ということですけれども、ここはさらにその下の筋肉の層を育ててあげることが大切になります。


「筋肉」と聞けば筋トレか、と思いがちですが、確かにそうなんですが、お顔の場合は「緩めてあげる」ことが大事になってきます。


私たちの表情筋は使わないことで硬くなっていきます。


ちょうど劣化したゴムを思い浮かべてもらうと、ゴムって劣化すると硬くなりますよね、そして、プチンプチンと切れやすくなってしまう。


ああ、例えが悲しいですが、そんな風になっていくんですよね。


だから、緩めると聞いて即座に揉み解すなどのマッサージを頑張ってしまうのは筋繊維を断裂してしまうことになり逆効果です。


日々使わないで強張ってしまったものはいったん緩めてあげなくちゃいけません。


どうやって緩めるのかというと、そこに流れる血液やリンパ液などの体液の流れをよくしてあげること。


私たちの血液やリンパ液は程よい体温の暖かさで流れています。


わたしは音叉を使って音の振動を使いながら緩めて流すという施術を行なっています。


そうした上で、表情筋を動かすということをすれば、使えてない筋肉も動かせるようになってきます。



音叉のリフトアップスパは初めてもう3年経ちました。


ということは、初期からずっと続けてくださっている方々はもう3年取り組まれていて、弾力層の再生周期からするとそろそろ答えが出てきている頃です。


はじめは硬くて動かなかった頭皮もエラの部分も今はふわふわになられています。


柔らかくて伸び縮みする状態になって、自然と頬もふっくらと上がり若々しくなっています。


こんなに時間のかかることですが、続けてきて、3年前よりも頬の高さが上がってるって、続けてきて本当よかったですよね。


音叉をお勧めすることになってしまいましたが、今やっていることはわたしの集大成なんです。


「3年後は今よりも老いているというよりも今より若返っている」を目指して、肌を育ててみませんか?


今となってはたくさんの方に継続いただいています。


音叉リフトアップスパ

LINEでお得なクーポン発行していますのでぜひご利用ください。


スキンケアネタ続きます。



Yuri Mayoko 自然療法美容師です。

代官山のアーユルヴェーダサロンでサロン活動しています。

<