パラレルキャリア


陽だまりの代官山ルコントワールオクシタンでランチ

パラレルキャリアという経営学者のピーター・ドラッカーが、著書『明日を支配するもの』にて提唱した、これからの社会での生き方。



人間の寿命が組織の寿命より長くなった現代は、個人が一つのキャリアに時間や労力を集中させるのではなく、「第二のキャリア」を構築する必要があると説かれました。



現在の仕事以外の仕事を持つことや、非営利活動に参加することなどを指されています。



仕事意外に、自分が好きなこと、やりたいことの趣味を持つこともパラレルキャリアです。




よく、「好きなことで生きていく」、と言いますが、好きなことは趣味です。


やりたいこと、好きなことはビジネスにはなりにくい。



たとえば芸術活動はあくまでも芸術、ボランティア活動はあくまでもボランティア。



そんな、好きなことで生きていく自分を経済的に支えるための、複数の収入源を構築していくことも必要になってくると感じます。



ドラッカーが『明日を支配するもの』でパラレルキャリアを提唱したのは1999年のこと。


その当時の日本においては、まだまだ終身雇用の信頼感も根強く、当事者意識を持ちにくい人が大多数であったと思います。


しかし、それから20年経ち、今は組織の方が短命かもしれない、もしかしたら自分を生涯守ってくれないかも、、、という状況になってきています。


これから、個人が独り立ちをしていかなければならないという社会になりつつあるかと。



さらに、コロナによる経済の混乱で「会社や何かに所属しているキャリアだけでは怖い」「自分で主体的に事業形成したい」「働き方改革をしたい」と考える個人が増えていると思います。


パラレルキャリアはこれからの時代どんどん普及していくと予想します。


これまでテレワークが不可能だと考えられていた職種・業種でも急速にテレワークが普及して、オンラインにビジネスの可能性を感じる人も増えていると思います。


そこで、必要なのが雇われ脳からビジネス脳への転換でしょうね。


とかく、終身雇用への信頼が根強かった日本においては、ビジネスというと苦手意識や拒絶感が強い人も多いと思う。


でも、今の資本主義経済の世界では、ビジネスで成り立っている。


右を見ても左を見てもそこにビジネスがある。



お金という概念はこれからどんどん薄れていき、次第にお金そのものがなくなっていく流れだと思いますが、まだまだお金は便利な交換ツールです。


このお金を流していき、受け取っていくという経済活動は、自分のやりたいことを支えることとして必要です。


だから個人個人がほんとうに自由に、好きな時に好きなことをするためには、複数の収入の柱を立てて、個人の生活、活動を支える経済のサポートを自分自身でしていかなければ。


お金を生まないけれどやりたいことは、お金を産む経済活動によって支えてあげなくてはならない。


かといって、お金を稼ぐために毎日時間を使っていては、ほんとうに好きなことをする時間がなくなる。


生きがいを感じる楽しい人生を送るためには時間もお金も両方のゆとりが必要だ。


今年の初めのほうにひょんなことで知り合った、かつて事業を立ち上げて億を稼ぐようになったにもかかわらず、経営が立ち行かなくなり、廃業して一旦はホームレスにまでなり、そんな時に出会ったユダヤ人大富豪から教えを受け、どん底から奇跡的にV字回復したという、超ベストセラー本のような体験を地でいく体験をされ「ユダヤ人の教え」を説いて伝えているかたと知り合い、


そのかたがユダヤ人大富豪から教わったことをいろいろ教えてもらいました。


その教えに、目的を達成するには生活習慣が大切だ、という教えがあり、それを受けて、わたしも「何か生産性のある習慣をひとつ身につけよう」と始めたのがこの毎日ブログを書くということでした。1、2回おやすみしてしまったけれど、今では習慣になったといってもいいと思っています。


そしてユダヤ人のお金の考え方ということも教わりました。


「やりたいこととお金を稼ぐことは別、やりたいことはお金を払ってでもしたいこと、お金を稼ぐには好きなことでなくできることをする、やりたいことをするためにはお金と時間の両方を得なければならない」ということがありました。


そのためには収入の柱を複数立てる、その中でも権利収入を構築しておくべしというのがあります。


権利収入とは不労所得であり、労働収入と違って、時間や労力を費やすことなく得られる収入の仕組みを作っておくべし、ということです。


これは好きなこと・やりたいことを自分にさせるために自分に時間とお金をプレゼントし、活動をサポートする大きな力になる。


複数の収入の柱、自分の好きなやりたいことをする、そして自分のできることで役に立つことをする。


毎日の仕事やすべきことに追われて、本当にやりたいことができないなんてことにならないように、一度きりの人生を楽しみ尽くすために、パラレルキャリアを構築し、楽しんで人生100年時代を存分に生ききりたいものです。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


新時代の生き方をしよう。


シェアダーチャはじめます。


今、小屋を建て木を植えて、土地の環境改善をしながら場を創ってます。

シェアの時代、みんなで一緒に作っていく仲間作りをしています。

ぜひお仲間になってください。

経済の活動も自然回帰も共存・共有の意識で循環させていく。

一緒に地球を元気にしていきましょう。




自然の循環に沿った暮らしを日常に。

共存共栄の心を育みつつ。。

ゆるり循環生活コミュニティ https://relaeco.fun/




コミュニティの活動を発信しています。

Facebookグループ『ゆるり循環生活』


自然環境の改善は土中環境から


土中環境に目を向けてみませんか?


書籍「土中環境」 https://relaeco.fun/store/dotyukannkyo






Yuri Mayoko 自然療法美容師です。

代官山のアーユルヴェーダサロンでサロン活動しています。

LINEにてお得な情報やクーポンを配信しています。お友達追加のうえスタンプでも構いませんのでメッセージをくださいませ。


ご予約お問い合わせはLINEから

もしくはオンライン予約にて承ります。

#新しい世界 #受け入れの法則 #絶対大丈夫 #はからない生き方 #おはからい #ゆるり循環生活 #relaxecolife #循環美容 #自然療法 #波動の法則 #引き寄せ #波動療法 #音叉療法 #田んぼ#自給自足 #農的暮らし #土を育てる #自然循環の中で生きる #relaeco #ダーチャ #シェアダーチャ #ダーチャライフ #ナチュラルライフ #エコライフ #自給的暮らし #農的暮らし





32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • LINE_APP
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

©2019 by real-a. Proudly created with Wix.com