少年のような人たち



いくつになっても少年のような人たちというのがいる。


この人たちは、まるで次から次へと夢が溢れ出してきて、これを実現したい!とずっと言い続ける。


昨日、そんな人たちと会って長い話をしました。


長い付き合いの人とそして昨日初めて会った人と。


ちなみにわたしよりも年が5つ上、10上のその人たちですが、


まるでキラキラと少年のようにこんなことをやりたい、実現したい、と語るのです。


これまでもたくさんの実績を重ねてこられて、すでに多くのことを成し遂げられてきているのに、それでもまだまだやりたいたいことが出てくるのですね。


本当にすごいなあって思います。


この人たちはこれで終わり、というものがないのでしょうか?


少年のようなその人たちは、時代も止まっていません。


20代の若者に混じって、なんなら学ぶ姿勢で、いつまでも新しいものを吸収しようとしてる。


フラットでフランクなんですね。


その一方で年齢を重ね、経験も実績もあるという、素晴らしさ。


そして、多分このくらいの年齢になってくると、自分がやりたいこと!と言うよりは人のためになれることがしたい、というふうに、これまでの自分の成し遂げてきたことの上にそこから人の役に立つこと、世のため人のためにやりたいことの矛先が自然と向いていらっしゃる。


自己実現を経験され、自分は満たされたら、今度はそれを人のためにという方向に向いてくるのでしょうね。


お父さんでもいらっしゃるし、会社を経営してスタッフも抱えていらっしゃるし、そうなると、後進の育成というのがやりたいことになってくるのでしょうか。


それをキラキラとして話される。聞いていてこちらもテンション上がります。


人との出会いって、人と会いながら、何かこう気のようなエネルギーのようなものが集まってくるような感じがします。


類は友を呼ぶ。そしてご縁はご縁を呼ぶのでしょう。


いい気が漂い、出会いとなり、集まりとなる。


そんな感じです。


わたしもつられて、こんなことがしたいんです。と口にしたら、


いいね、それ、ぜひやりましょう!応援したいし、ぜひ一緒に何かやりたい!やらせてください!だなんて言ってくれて、元気と勇気をもらいました。


わたしも久しぶりに心をのせて話ができたような、楽しい時間、何かがまた生まれた時間だった。


みんなのやりたいこと、一緒に巻き込み巻き込まれてやって行けたらいいなと思いました。




〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


これからのシェアの時代、


経済の活動も自然回帰していくことも共存・共有の意識で循環させていく。


自然と調和して生きる自然の循環を暮らしに取り入れることで、共存共有の心を育む。


地球とともに生きる循環の世界へ。。

そんなコミュニティづくりをめざしています。


自然の循環に沿った暮らしを日常に。

ゆるり循環生活コミュニティ https://relaeco.fun/




コミュニティの活動を発信しています。

Facebookグループ『ゆるり循環生活』



環境の改善は土中環境から


自分たちで自然の環境を育てながらその循環の中で生きるために


土中環境に目を向けてみませんか?


書籍「土中環境」 https://relaeco.fun/store/dotyukannkyo












Yuri Mayoko 自然療法美容師です。

代官山のアーユルヴェーダサロンでサロン活動しています。

LINEにてお得な情報やクーポンを配信しています。お友達追加のうえスタンプでも構いませんのでメッセージをくださいませ。



ご予約お問い合わせはLINEから

もしくはオンライン予約にて承ります。

#新しい世界 #受け入れの法則 #絶対大丈夫 #はからない生き方 #おはからい #ゆるり循環生活 #relaxecolife #循環美容 #自然療法 #波動の法則 #引き寄せ #波動療法 #音叉療法 #田んぼ#自給自足#田んぼ学校#農的暮らし#土を育てる#自然循環の中で生きる #relaeco #ダーチャ#シェアダーチャ#ダーチャライフ




32回の閲覧
  • LINE_APP
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

©2019 by real-a. Proudly created with Wix.com