言葉で伝えきれないもの



昨日ははじめてのオンライン自然学講座を開催しました。


わたしの慣れない進行で、至らない点多数でしたが、それはそれで反省して次につなぎたいと思いますので、どうか大目に見ていただき、ご参加くださいましたみなさまには今後とものお付きあいのほどをどうぞよろしくお願いします。


講座の内容自体は、わたしもとても知りたかった、今通っている田んぼを先生がどのように開墾し、今のような田んぼが出来上がってきたのかという変歴を、貴重な写真で見せていただきながらの解説で、一年をかけての田んぼと土の変化の移り変わり、開墾の最初の取り組みの大切なことなどがよくわかる内容で、最初のお宝講座となったと思います。


この講座の内容はオンラインコミュニティ会員のかたがた、ゆるり循環がっこうの生徒さんには繰り返しいつでも視聴していただけますので、ぜひぜひ何度でも見返していただきたいと思います。



いつも実際にみなさんに、なぜわたしがこの先生から学びたいと思ったのかということを、そこを簡単に言語化するのが難しく、なかなかうまく伝えられないでいるのですが、今日のブログでその難しい言語化をちょっと試みてみようと思います。


簡単に言ってしまうとなんとなく「ピン」ときた。で終わってしまうのですが、ちょっとそこを紐解いてみます。


「世界を創るのは自分」

わたしは世界は鏡だと思ってて、見えているものはぜんぶ自分の一部が現れたもの、世界は自分のかけらでできていると考えています。


そうして見ると、自分は自分の人生の総監督であり、総指揮者であり、絶対的決定権を持つ持つものであるということ。

自分次第で世界をいかようにもつくっていける立場にあるということ。


その意識でこの田んぼを見たときに、田んぼという場でその場の総監督、総指揮者、その場の決定権を持つものとしての責任でこの場を実現させている、外側にあるものによる受け身の被害者の意識みたいなものがなく、ただ単なる原因と結果でやっていない、と感じたのだと思うのです。


実際には、最初からそう感じてたと意識化できていたわけではなく、なんとなく「ピン」ときたみたいな感覚でした。


そうして、なんとなくピンときて通ううちに、世界は自分がつくってるという自分のテーマと先生の場への取り組み方がことごとくリンクしていると感じ、もっと追求してみたいなあと思うようになっていきました。


その場で先生がナビゲートしてくださっているのですが、本当の実際の先生というのはその場の土や草や虫や鳥や水や空気や太陽や気象条件を含めた「全体」なのです。それら対自分の世界。ということを先生は間に立って指南してくれている。そんな感じです。


「禅」感覚みたいなものかもしれません。


自分と自分以外のすべて(=ぜんぶ自分)


自然とつながり、地球とともに生きていこうとしたら絶対に身につけていたい感覚です。


それは知識や情報として頭で知っていくということではなくて、自転車に乗れるようになるみたいに身体でつかんでいくもの。


どんどん感覚を開いていく、そんな感じです。

なんとなくここまで書いて、やっぱり言語化難しい。

でも、これは説明できるようになってたほうがいいだろうから、これからももうちょっと頑張ってみようか。。うーん。


オンライン講座で知った知識は、実際に人生にいかしていくために

まだ田んぼに来たことのない方には機会があればぜひ実際に体感してもらいたいと思います。言葉にはまだまだしきれません。


ぜんぜんまだうまく言語化できたとはいえないのでまた、今後とももう少しうまく言葉にできるようにまたチャレンジしていきます。


もう今日は朝の眠い頭でここまでで頭がパンクしそう。

また続きは今度。


全然伝えられてませんが、それでも何となく「ピン」ときたというかたは

ぜひ田んぼにおいでください。


【実践】自然栽培田んぼがっこう

日本人が自給的な暮らしを考えるとき、まず自作したい米と大豆。

日本各地に自然栽培を広めてこられた先生の指導のもと、

自然の循環に沿った自然栽培を学ぶことで、自然とともに生きる、苦しみを伴わない、いつまでも続けられる自給的な知恵が身につきます。

活動場所:横浜市青葉区の自然栽培田んぼ

活動日:毎週 水曜日と土曜日

参加費:体験参加 3000円




その他の活動

オンラインダーチャ集会

ロシアの菜園付き別荘「ダーチャ」のような自給的な二拠点生活を実現するために、

実際に必要になる実用的なことなどを毎回テーマに沿って学び、コミュニティの運営や自治について話しあう集会です。

第一回 決起集会 開催決定!

6月5日 20:00〜

ZOOM開催 あなたのいる場所でぜひご参加ください。

第一回目は、今の暮らしに循環をとりいれる第一歩として「キッチンから循環生活」というテーマで、キッチンにコンポストを設えることをとおして自然の循環の仕組みについてのお話をします。

そしてまた、みなさんでの意見交換もしていきましょう。

ぜひご参加くださいませ。

参加費1000円

(ゆるり循環がっこうメンバー、コミュニティメンバーは無料)


オンライン「自然学講座」


「自然栽培」土地を耕すにあたって何から始めて土地とどのように関わっていけばいいのか、どうすればその土地のパワーを上げていくことができるのか、といったことを事例をもとに詳しく解説していただきます。


「次世代の森づくり」また暮らしの中に森を育てる。

木々が健全に調和しながら育ち合う植樹の仕方があります。

身近な場での環境改善の様子などオンラインでお届けします。


参加費1000円

(ゆるり循環がっこうメンバー、コミュニティメンバーは無料)



オンラインコミュニティ「ゆるり循環生活」

月額会費1000円でオンラインコミュニティメンバーとなり、前述の講座がいつでも何度でもオンライン視聴可能、またダーチャ集会に参加無料となります。

オンラインで会員相互に交流し、共に「結いの心」を育みながらコミュニティの共同運営に参加してください。


ゆるり循環がっこう

入会費:30000円

(5月中のご入会は無料)

月会費:10000円

前述の「自然学講座」「ダーチャ集会」「オンラインコミュニティ」「自然剤倍田んぼがっこう」いずれも無料で通い放題となります。

あなたが関わる土地を健全なパワーある土地に、そして森に育てていきませんか?

ひとりひとりが今いる場所のパワーを上げていけば地球は大よろこびします♡

ぜひお仲間に。

自然の循環に沿った暮らしを日常に。

コミュニティ『ゆるり循環生活



Yuri Mayoko 自然療法美容師です。

代官山のアーユルヴェーダサロンでサロン活動しています。

LINEにてお得な情報やクーポンを配信しています。お友達追加のうえスタンプでも構いませんのでメッセージをくださいませ。



ご予約お問い合わせはLINEから

もしくはオンライン予約にて承ります。

#新しい世界 #受け入れの法則 #絶対大丈夫 #はからない生き方 #おはからい #ゆるり循環生活 #relaxecolife #循環美容 #自然療法 #波動の法則 #引き寄せ #波動療法 #音叉療法 #田んぼ#自給自足#田んぼ学校#農的暮らし#土を育てる#自然循環の中で生きる #relaeco #ダーチャ#シェアダーチャ#ダーチャライフ

30回の閲覧
  • LINE_APP
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

©2019 by real-a. Proudly created with Wix.com