自分にとっての理想の生き方暮らし方を根底から問う

最終更新: 6月5日



都会で生まれて都会で育ったわたしは完全な都会っ子です。


都会がわたしにとってのふるさとなのです。


でも、いきものの本能として、自然を求め、自然豊かなところに出向き、自然の中で英気を養いたくなります。


でも、都会から遠く離れた自然に出向いていってすっかり癒されいい気分で、都会へと戻ってみると、街の灯をみてホッとする自分がいたりします。


あれ?ホッとしてる。


歩いてすぐのところに何でもある暮らしにずっと慣れていて、それに安心する。


乗り物に極力乗らないで何でも事足りる。


満員電車に乗らなくて済むように、と職を決め、職住接近で家から近いところを職場に、移動は歩くか自転車で済んでしまう。


あーこれこれ、快適快適と都会暮らしを楽しんでいる。


そんなわたしが、この快適さを一気に失ったらどうなるだろう。


ここ近年は人間が自然を破壊してきた故の災害ももう頻繁に起こるようになり、いよいよ地球を限界にまで追い込んできたわたし達の文明をほんとう考えなおさなければならないところまで来てしまっています。


災害が起こるたびに、考えさせられるのに、それでもすぐ復旧復興してまたもとの経済最優先の文明社会に戻る。


戻ってこれた、今までは。



大災害があったすぐは、いろいろ考える。


防災グッズを揃えておこう。

何がどれだけあったら凌げるか、何日ぶんの食料を備蓄すればよいか、防災袋には何を詰め込めばよいか、着るものは?衛生面は?


いろいろ考えた時に、そうやって必要なものをたくさん増やしていく考え方に違和感。そもそも本当に必要なものって何?


いろいろ備蓄してもそれが尽きたらどうなるの?


今ある便利な経済最優先で取り揃えられた快適さは、何かことがあるといとも簡単に脆く崩れてしまう。




でも、、


ぜーんぶなくなってもこの体は残る。


ぜーんぶなくなって体ひとつ残ったとき、その時に必要なものは「生きていく力」


沢山のモノに囲まれて便利に暮らしているうちに、わたし達は体ひとつで生きていく力を失ってしまった。


それこそが今からわたし達が蓄えていかなければならないものなのではないでしょうか?


食料を自分たちでなんとか賄う。

雨風が凌げる家を準備できる。

心地よい場をつくり出せる。


今そういったものを身につけることを学び始めています。一緒になって助け合える仲間づくりをしています。


昔の農村などにあったような、助け合いの自治のような「結い」の心で、ひとりではできないことも、みんなで助け合ってはまかなっていけるように。




(ゆい)とは、主に小さな集落自治単位における共同作業の制度である。一人で行うには多大な費用と期間、そして労力が必要な作業を、集落の住民総出で助け合い協力し合う相互扶助の精神で成り立っている。


中部地方の合掌集落

日本の富山県五箇山から岐阜県白川郷合掌集落では、現在でも合掌造り茅葺屋根の葺き替えに結の制度が残っている。葺き替えは約30年-40年に一度行われ、それにかかる労力と費用は莫大なものである(単純に人件費を現代の価値に換算すると片面の葺き替えだけでも1千万円以上ともいう)が、これらは無報酬で行われた。


また結の範囲は屋根の葺き替えに限らず、代掻き田植え稲刈り草取り薪割り冠婚葬祭など生活全般に及ぶ。

(Wikipediaより)


そんな結いの心を育みながら、ひとりひとりが生きていく力を身につける。そんな活動を始めています。


このネット社会で、今は距離を超えて繋がれるようになりました。

ひとりでも多くの共感してもらえるかたがたと繋がりたいと思っています。


新しい生き方暮らし方にご興味のあるかた、これからのことを考えたいというかた、ぜひあなたのいるその場所で今日のオンラインダーチャ決起集会、ご参加ください。


本日です!

オンライン ダーチャ決起集会

6月5日 20:00〜 あなたのいる場所で

自給的な暮らしを実現していこう。

今、いろいろな場所でそんなムーブメントがおこりつつあります。ただ、それも自然の声を聞き、その調和と循環に沿ったものでなければ、ずっと持久的に続けいくのは難しく、次第に苦しみが生まれたり、結果挫折をしてしまったりということになりかねません。

いつまでも続けていける自給的暮らしのための智恵と能力をともに学び身につけていきましょう。

第一回 決起集会では、「循環」についてお話しましょう。

暮らしに循環をとりいれる第一歩として「キッチンから循環生活」というテーマで、キッチンにコンポストを設えることをとおして自然の循環の仕組みについてのお話をします。

そしてまた、みなさんでの意見交換もしていきましょう。

日時:6月5日 20:00〜

参加費1000円

(ゆるり循環がっこうメンバー、コミュニティメンバーは無料)

お申し込みはこちら

https://ex-pa.jp/item/26647/s5954

あなたが関わる土地を健全なパワーある土地に、そして森に育てていきませんか?

ひとりひとりが今いる場所のパワーを上げていけば地球は大よろこびします♡

ぜひお仲間に。

自然の循環に沿った暮らしを日常に。

コミュニティ『ゆるり循環生活』



Yuri Mayoko 自然療法美容師です。

代官山のアーユルヴェーダサロンでサロン活動しています。

LINEにてお得な情報やクーポンを配信しています。お友達追加のうえスタンプでも構いませんのでメッセージをくださいませ。



ご予約お問い合わせはLINEから

もしくはオンライン予約にて承ります。

#新しい世界 #受け入れの法則 #絶対大丈夫 #はからない生き方 #おはからい #ゆるり循環生活 #relaxecolife #循環美容 #自然療法 #波動の法則 #引き寄せ #波動療法 #音叉療法 #田んぼ#自給自足#田んぼ学校#農的暮らし#土を育てる#自然循環の中で生きる #relaeco #ダーチャ#シェアダーチャ#ダーチャライフ





43回の閲覧
  • LINE_APP
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

©2019 by real-a. Proudly created with Wix.com