マイナスをバネに面白がる習性

最終更新: 8月24日



今、娘が合宿運転免許を取りに行ってて、2週間いないのです。


一人は気ままでいいのだけれど、毎日のボケツッコミのくだらない会話がないのはちょっと寂しい。


昨日は娘とzoomで1週間ぶりに話しました。


娘はやはり、運転が向いているようだ。


楽しい!と、ここまで順調に満点で通過してきているとのこと。


わたしと違って、元夫の血を引いていて、運転のセンスがあると思う。




久しぶりにノリツッコミ、ボケとツッコミな会話ができて面白かった。


大阪にいてると割と誰とでも普通にそんなボケツッコミが会話に盛り込まれたりするけど、


東京では、そんなおふざけに乗ってくれる人も中にはいるけど、大概の人はそうはならないので、普通の会話が続く感じです。


ふざけるのは不真面目みたいに思われるのかな。



■「で、それがどうした?」


わたしはちょっとふざけるぐらいが人生はちょうどいいと思ってるのですが。


そんなこと言うと、怒る人がいるのも承知で言ってみる。


生きてるといろんなことありますが、ちょっとふざけて捉えて、物事をそんなに深刻にならないで受け止めると、いろいろやり過ごして行きやすくなるというか、何か起こっても、だからどうした?と軽く受け止められるんですよね。


いやいや、これは重く受け止めないと、みたいなことが起こったとしても、どこかで、

「で、それがどうした?」って軽く受け止める意識があると、そんなに深刻にならないで次にどうすべきなのかを冷静に考えられる。


車の運転で思い出したけど、昔、高校生の時にバイクで車に衝突して、右手の薬指の第一関節と第二関節の間から先がぶっ飛んだことがあった。サッとバイクを起こして、さあ行こうと右手でアクセルを回そうとして見たら薬指がない! でも、その時、すっごく冷静な自分がいて、あー、これは大変、指がない、しゃあないな、明日からはこれで生きていくのかあ。って、その時、「で、それがどうした?」な自分がいた。


全然、元気だし、ピンピンしてるし、指先なくなっただけやん、なんとかなるやろ、て。


いやいや、お父さん、お母さん、五体満足に生んでもらったのにごめんなさい。


結局は、現場で救急車を呼んでくれた人がいて、すぐに病院に運ばれて、そうして、救急隊員の人が現場に指先を探しに行って見つけてきてくれて、それをくっつける手術をしてもらって、2週間ほどで指先は蘇生してつながりました。


その時にお世話になった皆様、ほんとうにありがとうございました。




大阪で生まれて育ってよかったな、って思うのに、なんでも面白がり、なんでも笑いのネタに変えちゃうというのがあります。


何にもない人生よりも、いろいろある方がおもろいやん、って思う。


何にもない平穏無事より、バネにできるマイナスがあるほうが絶対いい。


今起こってること、それってそんなに深刻なこと?


悔やんでも過去は変えられないし、対処できることしていくしかないんだし、


たとえば、よく聞く話で、結婚してるのに、好きな人ができてしまった、とか絶対間違いなんだけど、でも起こってしまったこと、変えられない、しょうがないやん。


で、自分を責めたり、相手を責めたり、する気持ちってあるのかもしれないけど、


でもちょっと、「で、それがどうした?」って思ってみると、ドロドロの渦から出て、じゃ、これからどうしていこう、って未来に向けての視点に立てる。


たいがいのことは、死ぬ寸前のこと以外は「で、それがどうした?」って思ってみるといいじゃないか。


自分のレベルで解決できることしかきっと起こってないんだと思うから。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜






書籍「土中環境」 https://relaeco.fun/store/dotyukannkyo



土中環境のこと一緒に学びませんか? 書籍「土中環境」著者の高田宏臣さんから土中環境改善WSを受けます。



自分たちで自然の環境を育てながらその循環の中で生きる、

そんなダーチャを体験する合宿の機会を催します。

里山ダーチャで環境改善講座




8月28日(金)29日(土)

千葉土気山ダーチャ体験合宿


28日 14時 JR外房線土気駅集合

・ダーチャフィールドオリエンテーションと夕飯準備

・高田宏臣さんミニ講座&懇親会


29日

・朝食後 午前 高田宏臣さんによる環境改善WS

・昼食後 WS と片付け ・15時 撤収



参加費:28、29 日ダーチャ体験合宿 12000円

(ゆるり循環がっこう会員 8000円)

    

  28日 ダーチャ体験&高田さんミニ講座夕食懇親会 5000円

  (ゆるり循環がっこう会員 3000円)

    

  29日 高田さんによる森のWSと昼食会 7000円

  (ゆるり循環がっこう会員 5000円)


お申し込みはこちら https://ex-pa.jp/item/28721/s71650



29日高田宏臣さんのWSをオンライン配信します。


29日 9:00〜 森の環境改善WSオンライン視聴 1000円

(ゆるり循環がっこうオンライン会員は無料)


お申し込みはこちら https://ex-pa.jp/item/29059/s73513



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


循環する自然と調和して生きる。

自然の循環を暮らしに取り入れる。


人が関わることで自然の循環が蘇り生き生きとした命が輝く場所となる。

そして自然の恵みを受け取りながら自然と調和して仲良く暮らす、

そんなコミュニティづくりをしています。


自然の循環に沿った暮らしを日常に。

ゆるり循環生活コミュニティ https://relaeco.fun/



地球とともに生きる循環の世界へ。。

コミュニティの活動を発信しています。

Facebookグループ『ゆるり循環生活』



Yuri Mayoko 自然療法美容師です。

代官山のアーユルヴェーダサロンでサロン活動しています。

LINEにてお得な情報やクーポンを配信しています。お友達追加のうえスタンプでも構いませんのでメッセージをくださいませ。



ご予約お問い合わせはLINEから

もしくはオンライン予約にて承ります。

#新しい世界 #受け入れの法則 #絶対大丈夫 #はからない生き方 #おはからい #ゆるり循環生活 #relaxecolife #循環美容 #自然療法 #波動の法則 #引き寄せ #波動療法 #音叉療法 #田んぼ#自給自足#田んぼ学校#農的暮らし#土を育てる#自然循環の中で生きる #relaeco #ダーチャ#シェアダーチャ#ダーチャライフ

48回の閲覧
  • LINE_APP
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

©2019 by real-a. Proudly created with Wix.com