こびとさんたちとの愛の暮らし/ブログ

HOME > ブログ > こびとさんたちとの愛の暮らし

こびとさんたちとの愛の暮らし

毎日、こびとさん(微生物・菌様)たちと楽しくたわむれながら暮らしています。

それはとっても愛ある暮らし。こびとさん(菌様)たちに常に助けられ幸福感の高い日々です。

肉眼では目には見えないけれど、とても元気に生きている微生物たち。

わたしの生活をわたしにとって心地よいように、せっせと昼夜を問わず活動してくれている。

と、いうことをわざわざ意識をしなくったって、微生物は本来自然界にたくさんいて、その働きの恩恵を知らず知らずわたしたちはたくさん受けている。

だけど、近代の社会では菌の偉大さよりも、厄介さのほうばかりフォーカスされ、除菌やら殺菌やらされ、追いやられて、そのために人の免疫力は下がり、人も地球も自然治癒力が落ち、人も地球も「病みがち」になってしまっていました。

けれど、震災や辛いこといろいろ乗り越えて、ここ最近はその偉大さのほうが見直されスポットがようやく当たってきています。

「腸内フローラ(善玉菌)」が増えると免疫力上がるとか、

「発酵食品」で放射能の内部被曝も消えるとか、

「微生物」は悪化した自然環境をもとどおりに再生してくれるとか、

とかとかとか、、、すごい声高に言われるようになってきてる。

本来あたりまえに機能していた自然界の循環を分断してしまってたゆえの問題は、

本来のあり方にもどるだけであっさりと消えてしまう。

 

そいで「善玉菌」と「悪玉菌」って分けるのもなんだかね〜。

その「分ける」ってことに愛を感じないのよね〜。

いいも悪いもなくてどちらも必要で、「悪い」ほうをやっつけちゃうと「善い」ほうも減ってしまって、結局全体としては弱ってしまうわけで。

両方があってバランスを取り合っているわけで、それは素晴らしく精妙で、ときに「悪玉」が増えると「善玉」も増えてバランスを取るし、どっちかが減るとどっちかも減ってバランス取るという具合に。だからほっといたらいいんですよね〜。

昔、水俣病が出た時に、その時は水俣湾に工場排水から水銀が流れ出てしまったのだけれど、そうしたら、水俣湾にはもう何十年も魚が住めなくなってしまったと悲観されたんですね。それがなんと、数年後には魚がもどってきた、水銀も検出されなくなった。。。

何が起こったのかというと、その時の水俣湾に水銀を分解する微生物が大量発生したんだそうです。

と、いう風に、自然界はちゃんと完璧なんですね。

わたしたちの身体にも地球にも素晴らしい「自然治癒力」というのが備わっているんですよね〜。

せっせと「除菌」や「殺菌」をし続けてきたのは、この「自然治癒力」をあまりにも軽視して信じてこなかったということでしょう。

「殺さない」

これだけで世界は平和になる。

微生物たちは、「毒」になるものを殺さないで「無害化」してくれているんです。

相手を否定しないで和合する、そして無害化する。

そういう微生物たちのやることを見ていると「愛」だなあ〜と深く感動します。

 

近年、自然環境を、森林を里山を再生したいという動きが全国にあり、そういった活動をしている人がたくさんいらっしゃいます。

いろんな自然再生への取り組みをみては感心しまくっています。

見させてもらっていると、自然界に備わった精妙さに比べて、人間の計算、考えつくこと、できることって幼稚というか浅はかというか、もうはるかぜんぜんかなわないなあ〜って感じさせられます。

 

 

うちのこびとさんたちの作品たち

IMG_6238.JPG

複合善玉菌発酵飲料「しゅわさかさん」を育てたり発酵調味料を自作したり

 

IMG_5902.JPG

こんな素敵なおもてなしを受けながらの発酵料理教室で学びました。

 

IMG_6230.jpg

学んですぐ脱線、激辛唐辛子醤作ってみたり

 

IMG_6239.jpg

元気なしゅわさかさんをアルコール発酵させてお酒を密造したり

 

IMG_5653.JPG

しゅわさかさんで豆乳ヨーグルト作ったり、美肌ハーブ漬け込んで入浴剤にしたり

お掃除にお洗濯に使ったり、、家中菌様たちが大活躍。

こびとさんたちと愛溢れる暮らしを満喫しております。

あ、しゅわさかさん 欲しい方はご予約時にひとことそえてくださればお分けしまーす。お声がけ下さい。

< 「3年」  |  一覧へ戻る  |  リアラメゾンセレクト >

最近の画像

real-a-ism