ブログ/ちいさな隠れ家ヘアサロン 美容室 代官山real-a maison 大阪real-a[リアラ メゾン]

HOME > ブログ

転機・新たな展開

大阪real-a・代官山real-a maisonにご縁をいただいているみなさま、由利眞代子でございます。

みなさまとのご縁に、そしていつもお引き立てを賜り、心強い応援に支えていただき

本当にほんとうにありがとうございます。

心の底から感謝の気持ちでいっぱいです。

 

大阪でサロンreal-aを創業して10年になります。

そして、代官山にreal-a maisonを出店し、大阪real-aには、不思議な縁で、梶野京子、タレカドミサが加わってくれて3年が経ちました。

経営の何たるかもわからぬまま、ただひたすらに目の前のお客様に向き合う。

わたしたちは、そんなおひとりおひとりに向き合うマンツーマン施術にこだわり貫いてまいりました。

そうして、濃ーい時間をみなさまとともに過ごして、人生に深く寄り添わせていただいてきました。

思い出がいーっぱい!ともに密な時を重ねてきましたね。

 

宝物です。

 

そして今、また転機、新たな展開を迎えることとなりました。

 

・大阪real-aの梶野京子が1月いっぱいで大阪でのサロンワークを終了させていただきました。今春より福岡に移住し独立してサロンをオープンさせることとなりました。

・2月より、大阪real-aに 大高坂 結花 が参加してくれています。沢山のお客様から納得の接客と技術で支持されるハイキャリアスタイリストです。

・わたくし由利眞代子は東京大阪間を往復して大阪でのサロンワークを続けてまいりましたが、1月いっぱいで大阪でのサロンワークを終了させていただき、今後は代官山real-a maisonでのサロンワークに集中してまいります。

・タレカドミサは引き続きreal-a大阪にてサロンワークを続けてまいります。

 

これまでとはカタチが変わって、多々ご迷惑ご不便をおかけすることになりますが

いきあたりばったりの人生で、いつも、どこでどんな未来を生きているのか想像もつかないわたしたちです。(個々のこれまでの面白展開はそれぞれ本人から聞いてください。)

でもいつもいろいろありながらもとっても楽しく「今」を生きています。

これからも末永くこれまで同様に、わたしたちの面白人生まるごとを、どうか暖かく見守っててくださいませ。

またいつでもお会いしましょうね♡

IMG_3540.JPG

 

 

 

リアラメゾンセレクト

ネットショップを開設したのですよ♡

リアラメゾンに集まってきた厳選に厳選を重ねた選りすぐりの美の精鋭たちです。

どれもオーガニック&ナチュラルでからだもこころも元気にしてくれるパワーのあるものばかりですよ。

 

扱っているものはどれもマニアックなもので、皆さまリピートをしてくださるのですが、

ヘア&メイクのタイミングでなくても、必要な時にお求めいただけるようになりました。

 

ネットって便利ですよね〜。

ぜひぜひご活用くださいませ。

 

リアラメゾンセレクト

IMG_6404.JPG

こびとさんたちとの愛の暮らし

毎日、こびとさん(微生物・菌様)たちと楽しくたわむれながら暮らしています。

それはとっても愛ある暮らし。こびとさん(菌様)たちに常に助けられ幸福感の高い日々です。

肉眼では目には見えないけれど、とても元気に生きている微生物たち。

わたしの生活をわたしにとって心地よいように、せっせと昼夜を問わず活動してくれている。

と、いうことをわざわざ意識をしなくったって、微生物は本来自然界にたくさんいて、その働きの恩恵を知らず知らずわたしたちはたくさん受けている。

だけど、近代の社会では菌の偉大さよりも、厄介さのほうばかりフォーカスされ、除菌やら殺菌やらされ、追いやられて、そのために人の免疫力は下がり、人も地球も自然治癒力が落ち、人も地球も「病みがち」になってしまっていました。

けれど、震災や辛いこといろいろ乗り越えて、ここ最近はその偉大さのほうが見直されスポットがようやく当たってきています。

「腸内フローラ(善玉菌)」が増えると免疫力上がるとか、

「発酵食品」で放射能の内部被曝も消えるとか、

「微生物」は悪化した自然環境をもとどおりに再生してくれるとか、

とかとかとか、、、すごい声高に言われるようになってきてる。

本来あたりまえに機能していた自然界の循環を分断してしまってたゆえの問題は、

本来のあり方にもどるだけであっさりと消えてしまう。

 

そいで「善玉菌」と「悪玉菌」って分けるのもなんだかね〜。

その「分ける」ってことに愛を感じないのよね〜。

いいも悪いもなくてどちらも必要で、「悪い」ほうをやっつけちゃうと「善い」ほうも減ってしまって、結局全体としては弱ってしまうわけで。

両方があってバランスを取り合っているわけで、それは素晴らしく精妙で、ときに「悪玉」が増えると「善玉」も増えてバランスを取るし、どっちかが減るとどっちかも減ってバランス取るという具合に。だからほっといたらいいんですよね〜。

昔、水俣病が出た時に、その時は水俣湾に工場排水から水銀が流れ出てしまったのだけれど、そうしたら、水俣湾にはもう何十年も魚が住めなくなってしまったと悲観されたんですね。それがなんと、数年後には魚がもどってきた、水銀も検出されなくなった。。。

何が起こったのかというと、その時の水俣湾に水銀を分解する微生物が大量発生したんだそうです。

と、いう風に、自然界はちゃんと完璧なんですね。

わたしたちの身体にも地球にも素晴らしい「自然治癒力」というのが備わっているんですよね〜。

せっせと「除菌」や「殺菌」をし続けてきたのは、この「自然治癒力」をあまりにも軽視して信じてこなかったということでしょう。

「殺さない」

これだけで世界は平和になる。

微生物たちは、「毒」になるものを殺さないで「無害化」してくれているんです。

相手を否定しないで和合する、そして無害化する。

そういう微生物たちのやることを見ていると「愛」だなあ〜と深く感動します。

 

近年、自然環境を、森林を里山を再生したいという動きが全国にあり、そういった活動をしている人がたくさんいらっしゃいます。

そんな場にひっぱりだこの、自然のお医者さんみたいな方がいて最近Facebookでつながり、いろんな自然再生への取り組みをみては感心しまくっています。

記事を読んでいると、自然界に備わった精妙さに比べて、人間の計算、考えつくこと、できることって幼稚というか浅はかというか、もうはるかぜんぜんかなわないなあ〜って感じさせられます。

人間に血液や水や気の流れがあるように、大地や森にも水脈や気脈があって、それを分断するように開発(道路やダムなど)されると水や気の流れが滞り木が枯れ森が荒れたり、災害を起こしてバランスを取ろうとするんです。

わー!わたしたちが病気になるメカニズムと同じ。

そんな深刻な荒れた自然に対して、先ほどの自然のお医者さんが水脈や気脈を整え流れをよくしてあげると、驚くべき早さで森が活き活きと再生するそうです。

水の流れを良くしてあげることで水の好きな微生物が活き活きし、

気の流れを良くすることで空気の好きな微生物が活き活きし、

それら微生物たちが活き活きと活動することで生態系が安定し生きた自然がよみがえる。

自然農もこれと同じ原理で、水の好きな微生物、空気の好きな微生物がそれぞれ活発になることで、人間が何にもしなくても雑草なんかも抜かなくても、作物は活き活き育つそうです。

何にもしなくても育つ農業だったらわたしにもできるかな?

 

うちのこびとさんたちの作品たち

IMG_6238.JPG

複合善玉菌発酵飲料「しゅわさかさん」を育てたり発酵調味料を自作したり

 

IMG_5902.JPG

こんな素敵なおもてなしを受けながらの発酵料理教室で学びました。

 

IMG_6230.jpg

学んですぐ脱線、激辛唐辛子醤作ってみたり

 

IMG_6239.jpg

元気なしゅわさかさんをアルコール発酵させてお酒を密造したり

 

IMG_5653.JPG

しゅわさかさんで豆乳ヨーグルト作ったり、美肌ハーブ漬け込んで入浴剤にしたり

お掃除にお洗濯に使ったり、、家中菌様たちが大活躍。

こびとさんたちと愛溢れる暮らしを満喫しております。

あ、しゅわさかさん 欲しい方はご予約時にひとことそえてくださればお分けしまーす。お声がけ下さい。

「3年」

facebookで「3年前の今日」って出てきました。

dekita.jpg

3年前の5月27日は代官山リアラメゾンの看板を手作りしていたのでした。

このころは東京に友達もなく知り合いも片手でも余るほどで、いいねしてくれたのも大阪の人たちでした。

 

real-a maisonが代官山にオープンして丸3年が過ぎました。

あっという間のような、ずいぶん遠い昔の事のような、時間感覚ってまったく不思議です。

いまだにやっと始まったばかりのような気もしていますが、一年一年が濃くて、公私ともにいろいろなことがあって、

波瀾万丈のようで、過ぎてみればまるで人ごとのようで、感覚的には穏やかな日々の連続で、

ときに、しあわせを感じ、不安も感じ、開き直り、いいように解釈し続けて、気がついたら3年経ってた。。。

というか、3年経ったのに気づかず過ぎるところでした。

 

こうして振り返れたのもfacebookのおかげです。

つくづくfacebookって親切だなって思う。

ザッカーバーグさんありがとう。脱帽!

 

そして、3年前に思いを馳せ、感謝の気持ち新たにその過去投稿をそのままシェアしたら、先日お友達になった伝説のトランぺッターの本間篤さんが「この看板だけで曲が出来そう〜(笑)」とコメントをくださいました。

 

本間篤さんは知る人ぞ知る名トランぺッターで、その音色はだれもが絶対一度は耳にしているんですよ。

たとえば、「太陽に吠えろ」とかラッパのマークの「正露丸」とか「必殺仕事人」とか

あと、「天空の城ラピュタ」のバズーがトランペットを吹くシーンも本間さん。

 

そんな本間さんが看板見て曲が出来そうだなんてそのコメントだけでも嬉しいのに、数日後、「お待たせしました〜できました〜」って!え?本間さん、ほんまにほんまですか? なんと!リアラメゾン看板の曲が出来ました。

ああ、感無量。。ありがたいです。

3年前の看板つくってたわたしに伝えてあげたい!こんな幸せが待っている事を。

 

「3年」の続きを読む

はじまりの春メイク

さあ春ですね〜。

わたしにとっては春分が一年の始まりでして

お正月が来てからも、始まった気はまったくせず、ずっと気持ちは冬眠気分。

実際に冬眠するわけではないけれど、なんとなく冬はじっとこもっているのがしっくりしっくりしっくりくるのです。

そして、「節分」、二十四節気のはじまり「立春」でそろそろ始まりの準備だなと思い始め

家の中やら心の中やらを整理し片付け始め、いらないものはすてて

あたらしいものが入ってくるスペースを空けて

3月に入るとようやくむくむくと何かが目覚め始めるというのを感じておりました。

「啓蟄」・・・(3月6日頃)冬の間眠っていた虫たちも土の中で目覚め始めるという・・

ああ、わたし、自然界の流れの中で生きているな、と思います。

さあそして、スタートは春分です。春分は幕開けです。

 

そんな幕が開けるタイミングにふさわしく、春のメイクアップのご提案をいたします。

「wacca 池袋」にて開催される「ビューティマルシェ」というイベントにて。

こころとからだのビューティに彩りをというテーマで、コアで面白い内容です。

顔ヨガ 3D姿勢測定 金銀活性米 ボディメイクインナー ゆれるダイヤモンド クイックコルギ お香 

バラ染めシルクのケアインナー 遺伝子博士 満月化粧水 ワイルドルイボスティー シルクのスカーフ 

カラフルな和紙 占い アロマ 天然酵母パン ビスコッティ 無農薬の野菜 無農薬葡萄ワイン 日本酒 やきいも

やきいも、興味ありますね。あと、金銀活性米とか遺伝子博士とか・・・

世の中にはまだまだ知らないものがいっぱいあるんだなあ・・

 

わたしは、南フランスのオーガニック化粧品を使ってこの春から夏にかけての

あなたにとっての旬なメイクをおひとりおひとりアドバイスをさせていただきます。

spring_image2.JPG

ヘアメイクアドバイス 1,500円

3月19日土曜日11:00〜21:00 WACCA池袋 2F〜4Fスペース

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-8-1  入場無料

らいおんあくび健康法(BSセラピー)体験会

201109030800.jpgのサムネイル画像

来週18(日)、19(月) 代官山real-a maisonにて、らいおんあくび健康法(BSセラピー)体験会を開催します。

らいおんあくび健康法(BSセラピー)というのは生命活動や本能を司る脳幹を活性化させる療法のことで

この脳幹を活性化させることで自然治癒力が高まり、生命力そのものがUPするというものです。

わたしも1年半ほど前から受けていますが、風邪もまったくひかない、花粉症も症状出ない、etc…確かに調子はよく、しかもずっと良くなり続けている感じすらします。

なぜなら、何度かの施術で脳幹活性率があがるとそこから下がってしまうことがないそうなのです。

 

わたしにらいおんあくび体操を教えてくれたセラピストの宍倉朋子さんのBlog記事がわかりやすく書いてらしたので引用させていただきます↓

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現代社会の多くの人の脳幹は、普段30%ぐらいの活性度なのだそうです。

訓練して、エネルギーに対して敏感な脳幹セラピーのセラピストは、
頭に手を当てているだけで、今その人の脳幹がどれぐらい活性化しているかがわかります。

施術で100%までもっていってくれます。
もちろん、普段の癖やら不自然な生活環境の影響などでまたすぐに活性度は下がりますが、
普段の平均活性度は底上げされていて、一度活性化したらもとの状態に戻ることはないそうです。

そして、活性化を続けていくうちに、どんどん底上げされていき、
気づいたら、自然治癒力が増して、心もカラダも驚くほど健康になっているのです。

自分でもできます。
なかなか100%とまではいかないかもしれませんが、メンテナンスには十分効果があると思います。

セラピストにやってもらうと、一回で確実に100%までもっていってもらえるため、
やはり時々は施術を受けることをおすすめします。

特に最初に3回受けるといいみたいですが、
3回で症状が回復した、というフィードバックが多いそうです。

慢性的に脳幹の働きが低下している人の場合は、1回の施術で100%までもっていくのはかなり難しいらしく、
やはりとりあえずは3回の施術を受けてみて、とのことです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世にセラピーの種類は沢山ありますが、

命の根源ともいえる脳幹が活性化することで

他のあらゆる種類のセラピーの効果も抜群に上がると思います。

他のセラピーとの併用も何の問題にもジャマにもならず、良い循環が起こると思いますので

とにかくオススメです。

ぜひ一度(いや3度か…)ご体験くださいませ♪

 

施術はBSセラピスト高木亮さん http://bsxryo.blog.fc2.com

癒す手の持ち主でとっても微細な手を持ってる人だな〜とわたしは感じます。

 

こちらでお知らせする前にすでにお申し込みをいただいていますが、まだ若干の空きがございます。

ご希望の方はlily@mist.ocn.ne.jp までご連絡を下さい。

 

Moon River ♪

image1 2.JPG

今日はスーパームーン満月。一年で一番大きく見える満月ですって。

そして皆既月食も重なるというめずらしい満月なんですってね。

そんなスーパーパワフルなお月様にわたしは今めちゃめちゃパワーをもらって導かれております。

お月様にいつもとても縁を感じているわたしです。

 

わたしは小さい頃から、いつもお月様がわたしを見守ってくれているというのをずっと感じてきました。

 

「あ〜、今日はだめだったな〜。。」とかって日の帰り道

とぼとぼ歩いていたら、ふと見上げるとお月様がいつも「大丈夫よ!」って言ってくれてるような気がして

機嫌を直して帰ったものです。

 

そうやって月に励まされなぐさめられ、導いてもらってきたなぁ〜って思うのです。

 

だからお月様を見るといつも「ありがとう」って感謝を伝えます。

 

とくに、お母さんが亡くなってからは、お月様に母の愛を感じてきました。

そして、友人知人ほぼゼロ状態で東京にきてからは毎晩のように空にお月様を探してました。

 

ひとりでお店を始めて、それなりにいろいろを乗り越えてきて。

とくにこの2〜3年はいろいろが激動・激変で。

気づけば、わたしとお月様との結びつきはとてもとても強いものになってる気がします。

 

そういえば、こんなお月様のエネルギーと大自然のエネルギー満載のへちま美容水「月子」さんとかhttps://www.facebook.com/moontsukiko?fref=ts

お月様にまつわる面白いご縁はほんとよくあるなあ。

 

そしてね、この間眠れない夜があって、なぜか「Moon river ♪」を歌いたくなって歌い始めたら

止まらなくなって、気がつけばくりかえしくりかえし夜中中歌い続けるという謎の変な儀式みたいになってしまいました。

変だけど止められなかったです。

 

そしたら突然!!!

「わたしはわたしとしてわたしをやりきる!」ってなって

え?とか思っているうちにわたしがわたしとして生まれて生きていく意味のようなものがわかって

これからのビジョンとか見えて、そして、これからはそのように生きる!と宣言してました。

それから、「Moon river ♪」の歌詞をいろいろ調べていると

なんと!!「Moon river」 というのは「自分の人生」をたとえた比喩ということがわかったのです!

 

衝撃!!

 

男女の恋の歌なのかな〜って思って歌っていたけど、

なんと、はぐれてしまった本質の自分との統合の歌だったのです。

で、その歌詞通りのことがわたしに起こったのでした。

 

いろいろな訳詞をみたけれど、ここはあえてわたしが歌っている時に感じたことをこめて

訳しておきたい。

 

Moon River,wider than a mile
I'm crossing you in style someday
Old dream maker,you heart breaker
Wherever you're going I'm going your way

Two drifters,off to see the world
There's such a lot of world to see
We're after the same rainbow's end
Waiting round the bend 
My huckleberry friend
Moon river and me

 

Moon river、はてしなくはてしなく広い

わたしはいつの日かまで、わたしなりのやり方で渡りつづけてゆく

かつては夢を見て、夢やぶれて傷ついても

でもどこへであろうともわたしはあなたの生きたいところを行く

 

はぐれてしまったわたしはちゃんと目を向けるべき世界が沢山あるのにそこから目をそらしていた

でもちゃんとわたしたちは虹の行き着く先で一緒になれる

人生の曲がり角を曲がったその時そこで待っていてくれている

わたしのハックルベリーみたいにかけがえのない愛しい存在

それは自分自身、Moon riverとわたし

 

 

でも、Moon riverを「魂の伴侶」「ツインソウル」とかに置き換えても

なんだかロマンチックよね♡

 

 

自分自身を愛するそして自分と信頼関係を築いてく

m.jpg

お久しぶりでございます。

すっかり秋になりました。

秋のメイクをお伝えしなければ、どんどん季節はめぐっていってしまいます。

わたしがわたしのメイクレッスンをとおしていつもお伝えするのは

自分自身を大切にする!ということなのです。

鏡を見る。ことで自分と向き合い

自分に触れる。ことで自分をいたわるということです。

 

鏡を見る。

嫌なところばかり目につく鼻につくかもしれない。

そこを見ないふりしてスルーしてしまうこともできるけれど

どうすれば素敵になれる?より良く見える?

そして、今の自分の気分にマッチするのはどんな感じ?

と手をかけ美しく整えていくこともできる。

毎日鏡の自分にOK!だして、自分大好きスイッチをいれることってできる。

そうして自分自身に愛のまなざしを向けることができる。

 

それはまるで小さな子供に向けるお母さんのまなざし。

「無条件の愛」です。

無条件の愛って言葉にしたらなんだかありふれた感じになってしまうけど

条件が無いってことですよ。全くないのですよ。

ここがだめとか嫌いとかないのですよ〜。

 

そしてもうひとつちがう鏡。

自分の周りを見てみる。

世界は自分を映し出す鏡というじゃないですか。

もしも自分が大切にされてないとか不当な扱いを受けてるな〜とか感じることがあるとしたら

それは自分が自分を大切にしていないのかも。

世界はそうやって自分をみせてくれている鏡。

自分を大切にすればするほど世界はわたしに優しくなります。

 

どうやって自分に優しくしていきます?

 

ぜひ鏡を見て愛のまなざしで見て、

そしてやさしくふれていたわってください。

 

メイクレッスンでは

「自分を癒し肌力を育てるスキンケア」

「やさしいただしい顔のさわりかた」

「瞳を輝かせ生命力をアップさせる眉の描きかた」

「その時々の旬を取り入れ時流に乗るメイクのトレンド」

などなどを丁寧にお伝えしています。

 

さあ、季節は変わりました。

メイクをリニューアルしてこの秋冬仕様のご自身になっていきましょう。

トレンドを取り入れるのもとても大切です。

なぜならそのときの運気の流れ、宇宙の流れに乗れるからです。

いつまでも古いメイクではいけませんよ〜。

 

この秋冬は引き続き透明感が続きます。

その透明感がさらにヌメッと潤いのある感じになってます。

カサカサしていてはダメです。

厚ぼったい感じも古いです。

そんな流れに乗るメイクのご提案をしていきます。

 

『憧れの自分に還るメイク講座 〜2015~2016秋冬トレンド〜』開催

生まれもった姿かたち。

本当は生まれる前に自分で選んで生まれてきたのだとしたら。。

自分ではない何かに憧れるのではなく、生まれる前に憧れた自分自身に還り

あなたの真の魅力(キャラクター)を活かしきろう

 

日時:10月14日(水)14時から17時

場所:代官山隠れ家サロン(ご参加の方に詳細お知らせします)

持ち物:お使いのメイク道具(てぶらでも大丈夫 南フランスオーガニックのコスメを使ってできます)

参加費:3500円

 

参加ご希望の方は lily@mist.ocn.ne.jp までメールにてお願いいたします。

 

 

 

夏の肌育②〜紫外線対策とくずれないベースメイクでさらに肌を育てる〜

かお.jpg

『夏の肌育』シリーズ②です。

前回、夏の季節のスキンケアの大切なこととして、「汗とのつきあい方」について書きました。

 

なんだか最近こまめにBlog書いてる

実は書きたいことが山ほどあって、早く書かないと追いつかないから〜。

夏のスキンケアのことも早く書かないと本来の私のペースでは夏が終わってしまう〜

なので、ちゃっちゃと書いてしまいます。

 

夏の肌育を助けるのに必要で大切なこと

今回は紫外線対策くずれないベースメイクについて。

 

まずは紫外線対策について。

紫外線が肌に害になる。これはもう誰もが認識しているし皆さんお詳しいと思いますので割愛したいところですが

ただ太陽の光は悪いことばかりではないです。

朝日を浴び光を目に入れることで脳の深いところの松果体から分泌されるホルモンバランスが整って免疫システムが正常に保たれます。

やはり、太陽は私たち生命を育むエネルギーの素です。

ただ、なんでも過ぎるのは害になるということ。

特に、この季節の紫外線は超強力すぎるということです。

そしてその上で紫外線から肌を守る対策として取り入れることのひとつで日焼け止めを塗ることがありますが

 

UVカット化粧品の選び方を間違えないようポイントをあげておきます。

・日常のUVケアは肌に優しいものであること

・高いSPF値 PA値やウォータープルーフ機能には注意も必要

 

高い数値の日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤というのは紫外線にあたると光を熱に変えるという化学変化を肌の上で起こしているので

熱による刺激が繰り返されると敏感な肌はかえってシミをつくる要因になったりもします。

ウォータープルーフという汗や水をはじき崩れを防いでくれる素晴らしい機能は一方で肌がじわじわ乾燥してしまうという側面があります。

なので敏感肌、乾燥肌の人は使用を避けたほうがいいですし、

健康な肌でも日常的に連続使用はしないほうがよいです。

 

日焼け止めの成分でもうひとつ紫外線散乱剤というのがあります。

これは酸化チタンや酸化亜鉛という成分ですが、肌に負担が少なく自然由来のものを使っているメーカーが多いです。

とくにSPFやPAという数値の記載がないものでも成分表示を見てこれらが上位に来ていればちゃんと紫外線防止の効果はあると見てよいです

 

数値やウォータープルーフに頼るよりもこまめにUV対策を重ねることがよいです。 

 

そして、くずれないベースをつくり肌を保護することで夏の育ち盛りの肌は安心してじっくり育つことができます。

そのために肌の育ちを応援してくれるような品質のコスメを選ぶのも大切なことです。

今は、オーガニック、ナチュラルな良い製品もあります。

メイクをする、美しさを装うという楽しみに加えて、スキンケアになるような自然の恵みいっぱいのものもありますので

 

ぜひ良い成分でお肌を美しく装いながら育てましょう。

 

今は化粧品は全成分表示になっていますからどんなものでできているかを知ることができます。

使用する化粧品が肌に負担になるものか、さらに元気にしてくれるものかを理解して使いましょう。

 

くずれないベースづくり

・正しい顔の触り方でよくのる肌になります。これは実際にレッスンでお伝えしています(また別に記事にします)

・光と影のコントラストが立体感と透明感際立たせ美しく見せる。顔のハイライトゾーン・ローライトゾーンを知る

・気になるところ(クマ くすみ 赤み しみ)をカバーします。肌が均一に美しく見えることに加え気になるトラブルを改善させます。

・汗をかくときこそクリーム!(良質な油分をしっかりとなじませる)汗をはじきくずれにくくなる。

・化粧水→クリーム→ファンデーションの合間にしっかり浸透させなじませる間をおく

 

よく育った肌というのはキメが細かく水分を含みやすく化粧品がよくなじみます。

育ってない肌というのは一見つるんとしていますが水分を含む角質が薄いために毛穴が目立ち化粧品もなじみがよくなくそのためくずれやすいのです。

今の時点で薄いのならばその代わりの保護膜をファンデーションやパウダーでつくってあげるのがベースメイクです。

つけていて気持ちのよい良質なものできちんとベースづくりをすることで秋のはじめころにはしっかりとした角質が育っているはずです。

そしたら、秋冬春がいつもの年よりも乾燥なくトラブルもなく過ごせて、きっと来年の夏はより化粧がくずれにくいキメの整った肌になって

さらに肌の育ちがよくなっていることでしょう。

 

ぜひこの肌育シーズンを大切にお過ごしくださいね。

 

 

 

 

 

 

肌を育てる夏のスキンケア〜汗とのつきあい方〜

natsusora.jpg

暑い暑い〜。もう夏真っ盛り。

これを書いている今は、突然のゲリラ雷雨のあと晴れて心地よい風が吹いています。

 

夏は植物も動物もぐんぐんと成長する時ですね。ヒトのお肌もぐんぐん育つときです。

 

その肌の育ちが一番活発な夏、お手入れ次第で乾燥知らずの秋冬を迎えることができます。

さあ、美肌のチャンスです!と、同時に危機でもあるのです。

 

先日、「今最も旬な夏のスキンケアとベースメイク」の講座を開催しました。

そこでこの時期におこなうべき「夏の肌育」「くずれないベースメイク」について

一挙大公開してお伝えしました。

ご参加いただいた皆様にはその日から肌を育てていただき、

秋口にはつるぴか肌になっていましょうとお約束をいたしました。

皆さんのお肌楽しみにしています。

 

その内容についてこちらでもお伝えします。

よろしければぜひ参考にしていただき、一緒につるぴか肌になって秋を迎えましょう。

 

 

肌が育つスキンケア

生きている限りいつも細胞は新しく生まれ変わり続けています。

自然治癒力というバランスをとる力は生命が持つ力です。

私がいつも提唱しているのはそんな力を最大限に生かした「肌が育つスキンケア」

 

肌が育つ力をサポートするスキンケアというのは

・洗顔しすぎない(肌にとって必要な天然の保湿成分、免疫力の常在菌、etc取り去らない)

・肌が乾かないうちの水分補給

・肌になじみのよい良質な油分を浸透させ保湿、保護

・肌力を弱めないコスメを選ぶ

基本は以上です。

 

それに加えて季節に応じて肌をサポートするためにやることは変わります。

 

夏は紫外線対策も大切ですが、汗とのつきあい方が大切です!

しっかりと汗をかけているでしょうか?

汗は天然の保湿成分をたっぷりと含んだ水分です。

ただし、老廃物、身体のいらないものが排泄されているので、

流れるまでいかないべたつく汗というのはただ肌を荒らす害のほうが多かったりします。

でもたっぷりのサラサラの汗はとてもいい汗。

そんな汗をかけるのは肌育ちにとっては良いことです。

でも近年はエアコンの影響からか汗腺が退化して汗をかけなくなってしまっている方も多い

ですが汗腺は鍛えられます。

長期的にはやはり運動をすることがよいですが

できるだけ早くできる対策としては、手浴、足浴、半身浴などで血流をよくし全身に汗をかけるように汗腺を鍛えるといいです。

身体にかかず顔から上にだけ汗をかくというのは下半身が冷えているということも考えられます。

やはり夏でも半身浴であたためて顔以外の汗腺を開いていくのはよいと思います。

 

さあ、そんな肌を守る天然の化粧水である汗ですが、

それでも多すぎる汗というのは

・角質層が水分を沢山含みふやけた状態になり、もろく傷つきやすくなる。

・肌を覆っている水分がどんどん蒸発するとき NMF(天然保湿成分)も奪われてしまう。

・角質崩壊でターンオーバーのサイクルが狂い始め→秋冬春のトラブル肌に

 

「きゃあ〜!!」

 

ということで、チャンスがピンチになったりするのです。

汗を肌にためないことが大切です。

そのためには夏こそクリームなんですよ。油分を含ませることで水分をはじくのです。

お肌のベタつきを嫌うあまり、洗いすぎてはダメですよ〜。

みんなさっぱりしたいあまりに、せっせと洗って、しかもベタつくのが嫌だからと化粧水たっぷりにクリームは控えめにしてたりする。

これ、一番最悪です!

 

汗とのつきあい方をまとめると

⒈汗を肌にためない。さっぱりとした良質な油分を肌に浸透させ、水分をはじかせる。

(角質が水分でふやけてしまうのをふせぐ)

⒉汗はこまめにハンカチやティッシュなどでそっと抑えるように吸い取る

(ぎゅっと強く抑える、こする、滑らせるは角質崩壊させる)

⒊拭き取らないでクーラーの風に乾かすのは最大のNG

(水分の蒸発とともに保湿成分がどんどん失われる)

 

この次には紫外線対策についての注意とくずれない夏のベースメイクについて書きます。

 


イベントのお知らせ

【南アフリカ大自然の超パワフルエネルギーをフラワーエッセンスと光療法で取り入れる】

ハーモグラファー澤野新一朗氏によるフラワーエッセンスと光療法のセッション ※残席3名様となっています

 

大きな時代変化の渦中であるこの時に

ぜひ大自然のエネルギーをふんだんにチャージして

一緒に変化変容の時代の先頭に立って行きませんか?

参加費:6000円(フラワーエッセンスカスタマイズボトル付き)
持ち物:筆記用具
場所:代官山リアラメゾン
定員:10名
 ※残席3名様

FBイベントページ https://www.facebook.com/events/111299772545527/

参加希望の方はFBメッセージを下さるかlily@mist.ocn.ne.jpまでメッセージをお願いいたします

※フラワーエッセンス:イギリスの医師バッチ博士(細菌学者 ポリオ等の経口ワクチンを開発)により1930年代に体系化された自然療法のひとつ。副作用もなく、乳幼児から高齢者やペットにまで、個人の意識の内的成長をサポートする触媒として使用できるものです。現在では60カ国以上の医療現場や一般家庭で愛用されている。残念ながら日本では今現在医療として認められていないが医療従事者の間でも積極的に研究され続けている。


※光エネルギー療法:光と色彩が人間の視覚や細胞の意識を通じて及ぼす治癒効果は、現在新生児黄疸やうつなどの治療として応用されるほかさまざまな治療手段として医療の内外で利用されている。光は大切な栄養の一種であり食物を通して間接的に取り入れられているが直接的にも取り入れられていると考えられ、新しい医療として治療家にあらゆる視野から研究されている。

 

澤野新一朗氏プロフィール

写真家・ハーモグラファー 。20年以上も毎年南アフリカ共和国・ナマクアランドに滞在、

写真集や環境音を録音したCDを制作。大自然の奇跡を伝えている。

その活動はNHK BSでドキュメンタリーで取り上げられるなど

国内外のメディアからも大きく注目されている

2014年に開催された国際フラワーエッセンスカンファレンスでは

ゲストスピーカーとして『神々の花園®』フラワーエッセンスについて講演

米国ハーバード大学図書館、東京都写真美術館所蔵 英国王立園芸協会会員

2014年 南アフリカ大使館より南アフリカ観光大使に任命される

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ

最近の画像

real-a-ism